傷害共済

TOP >> 傷害共済

特徴

通院中でも申請できて、スピーディな給付

  1. 通院型と入院・通院型があり、国内外で受傷したケガを補償します。
  2. 通院は1日目から4日目までは定額給付、5日目以上についてはケガの部位と症状に応じた給付になり、通院途中でも医師の診断書を提出することで、スピーディな給付を行います。
  3. 本人口数以内なら、配偶者はもちろん、子どもと同居の親族(6親等内の血族および3親等内の姻族)も年齢制限なく一人ひとりが加入できます。

共済金の種類と申請書類

1.通院型(給付対象期間は、事故日から180日以内)

給付申請書
共済金の種類
給付金額(一口あたり)
必要書類
通院

1日〜4日:一律800円
5日以上:2,000円(

備考:
1共済期間につき5回までの事故
※5日以上の通院給付額については「部位症状別共済金支払い表」を参照

必要書類:

2.入院・通院型(給付対象期間は、事故日から180日以内)

給付申請書
共済金の種類
給付金額(一口あたり)
必要書類
通院

1日〜4日:一律800円
5日以上:2,000円(

備考:
1共済期間につき5回までの事故
※5日以上の通院給付額については「部位症状別共済金支払い表」を参照
※入院・通院型の場合、入院前後の通院が1日以上あれば、入院日数も通院とみなして通院日数に加算します。

必要書類:
入院

1,000円(1日あたり)

備考:
1共済期間180日以内

必要書類:
  • 入院・通院状況申告書
  • 通院がなく入院のみ30日以上の場合:診断書と文書料の領収書(※1
    通院がなく入院のみ29日以内の場合は「入院・通院状況申告書」と入院期間の記載された領収書が必要です。
    通院と入院両方がある場合は別途基準が異なります
  • 同意書
死亡

100万円

必要書類:
  • 入院・通院状況申告書
  • 死亡診断書または死体検案書(写し)
  • 戸籍謄本(全部事項証明)(※6
  • 共済金受取人の印鑑登録証明書(加入者本人が死亡した場合)
  • 同意書
  • 委任状(委任状については、各共済会にご相談ください。)
  • 加入者本人以外が対象者の場合:加入者本人との関係を示す資料(住民票または健康保険証の写しまたは戸籍謄本・※8
後遺障害

100万円

必要書類:

※1:文書料補助について=全教共済所定の診断書・施術証明書または病院・接骨院・整骨院の証明書原本について、文書1通につき「5,000円+消費税分」を上限とした実費補助をおこないます。(コピーや他生損保のものは除きます。)

※2:通院日数が4日以内の場合もギプス、ギプスシーネ、ギプスシャーレまたはシャーレを対象部位に常時装着した場合には診断書が必要です。

※3:鍼灸院の通院は、必ず先に医師の診断を受け通院指示を受けることが必要です。提出書類として医師の通院指示書診断書、鍼灸院の施術証明書および同意書が必要です。

※4:接骨院・整骨院の通院のみで5日以上の場合、病院への通院と診断書の提出がないと4日以内の通院として給付されます。

※5:「入院・通院型」では通院・入院が両方ある場合、入院給付とは別に入院日数も通院日数とみなし通院給付の対象とします。入院と通院を合計した日数で通院給付の書類を提出します。5日以上の場合は診断書、4日以内の場合は「治療状況申告書兼同意書」と入院期間と通院日の記載された領収書が必要です。

※6:死亡の事実が記載され、共済金受取人が特定できる戸籍謄本(全部事項証明)が必要です。

※7:加入者本人が死亡し、同順位の共済金受取人が2人以上いる場合に必要です。

※8:給付対象者が加入者本人以外の場合、加入者本人と子どもまたは同居の親族であることが確認できる資料が必要となります。

加入資格

募集期間

契約期間

資料請求

資料請求は以下のフォームからお問い合わせください。

PAGETOP