医療共済・終身医療共済

TOP >> 医療共済・終身医療共済

特徴

手術見舞金の対象手術は約2,500種類、先進医療特約付帯もあり

  1. 抗がん剤治療通院共済金が2021年8月から新設!がん治療の給付がさらに手厚くなりました!
  2. これまで5口までだった66歳以上の方の限度口数が10口に増えました

医療共済の種類と申請書類

1.基本契約(一口あたり)

給付申請書
共済金の種類
給付金額
必要書類
がん(悪性新生物)入院

1日2,000円

一般疾病・傷害入院

1日1,000円

備考:
1共済期間につき180日限度(悪性新生物と一般疾病・傷害を通算)
※66歳以上は120日限度。

必要書類:
長期入院見舞金

30,000円

備考:
連続181日以上の入院。ただし66歳以上は連続121日以上の入院。(2015年8月以降の事由発生より)

必要書類:
手術見舞金

最高50,000円

備考:
国内の手術に限る。公的医療保険の診療報酬点数800点以上の手術が対象。ただし対象外手術もあり。

必要書類:
抗がん剤治療通院

月1回5,000円

備考:
抗がん剤治療の保障は、加入後に診断確定されたがんに対する抗がん剤治療が対象です。入院・通院時に所定の抗がん剤を投与または処方された場合、月1回、医療共済と終身タイプをあわせて通算60回を上限として給付されます。

必要書類:
出産祝金

2,000円

備考:女性加入者のみ(子ども契約は含まず)

必要書類:

母子手帳(出生届出済証明の項)の写し、医師の出産証明書、住民票のいずれか一通

死亡見舞金(※2

3,000円

必要書類:

死亡診断書(写し)または戸籍謄本(全部事項証明)(※3

※1:文書料補助について=全教共済所定の入院療養証明原本または病院の証明書原本について、文書1通につき「5,000円+消費税分」を上限とした実費補助をおこないます(コピーや他生損保のものは除きます)。

※2:生命共済にも合わせて加入している場合は、生命共済の欄の必要書類を提出してください。

※3:総合共済の死亡給付金申請を兼ねる場合は、この書類を分会長証明記載のある「給付事由証明書」に替えることができます。

※4:医療共済と傷害共済の両方に加入している方で、傷害(ケガ)による入院・手術・通院の申請をされる場合は、傷害共済のページの申請書類を提出してください。

※:新型コロナウイルス感染症による自宅療養の申請についてはコチラ

2.先進医療特約(口数にかかわりなく)

給付申請書
共済金の種類
一口あたりの給付金額
必要書類
先進医療技術料

技術料実額

諸費用共済金

技術料の10%

備考:
@:厚生労働大臣が定める高度の医療技術をもちいた療養。
A:厚生労働大臣が定める医療機関で行われたものが対象。

必要書類:

※:文書料補助について=全教共済所定の入院療養証明原本または病院の証明書原本について、文書1通につき「5,000円+消費税分」を上限とした実費補助をおこないます(コピーや他生損保のものは除きます)。

加入資格

募集期間

契約期間

終身タイプ

医療共済と異なる部分のみ記載しています。主な内容は医療共済をご参照ください。

加入資格と条件

掛金

年齢により掛金が変わりますので、共済会に見積り依頼してください。

共済の種類

共済金の種類
共済金の額
死亡給付金

払込み掛金の10〜100%(75歳までに死亡した場合)

死亡見舞金

3,000円(76歳以上で死亡した場合)

先進医療技術料

実費(通算2,000万円限度)

資料請求

資料請求は以下のフォームからお問い合わせください。

PAGETOP